アメジもどき
我輩は猫ではない?
可愛がってやってね♪

星が見える名言集100

お気に入り 
★来てくださってありがとうございます★ ここはPIECEの個人的日記であり、自由気ままに書いています。よかったらコメントも書き込んで行ってくださいね♪ ただし、誹謗中傷・アダルトコンテンツを含むサイト・出会い系の気分を害する書き込みは削除対象です。 ★他サイトに許可のないURLの貼り付け、記事の転載は禁止しています ★非公開でちょこっとメッセージが頂けるので設置してみました。よかったらコメントを頂けると嬉しいです

カテゴリー

最新の記事

カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

★舞台化作品★
Studio Lifeで舞台化の作品です


New Comment
  • 05/31:PIECE

  • 05/21:ミモザ☆

  • 02/24:PIECE

  • 02/24:ルフナ

  • 02/04:PIECE

  • 02/04:ミモザ☆

  • 11/18:PIECE

  • 11/18:ルフナ

  • 11/17:PIECE

  • 11/17:ルフナ


メールフォーム
♪PIECE宛のメールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:


くろこさん

リンク

★宣伝★
土屋士さんが出演の神山征二郎監督作品「北辰斜にさすところ」が公開されます

とてもいい映画だそうですので、ぜひご覧になってください

寅吉にツッコミ入れてんかぁ~~!

にゃらんが時刻をお知らせします


ブロとも申請フォーム

★プロフィール★


月別アーカイブ
Turn Page
お役立ちサイト

キーワード:

オンライン書店 boople.com(ブープル) iconicon

複合検索
ブログ内検索
ランキング
★ついでにポチッとおしてくださると嬉しいです★

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2006年ありがとう! 

20061231211652
■大晦日と言えば年越しそば。蕎麦と言えば善光寺の七味とうがらし(笑)リディさんはとろろ昆布が好きなことも判明!焼き海苔、干し柿、とろろ昆布に日本茶…ってあんたおばあちゃんかい?どこまで和風やねん(笑)■

もうすぐ2006年が終わります。

一年楽しかった~皆さんありがとう!こんなブログですが、明日からも続けます♪まったりゆる~く見守ってやって下さるとありがたいです。



■ややはみ出しLife■大晦日、ほっこりしたはいいけれど、テレビがあまり見るものがないので、Studio Lifeの映像ものをひとかたまりにまとめようとして、奥にしまってあった2003年の舞台挨拶とかイベントのDVDを表に出してきて見ちゃってます。それ以前のは私のDVDデッキとは相性が悪くパソコンでないと見れないので、邪魔くさくて(笑)
紙吹雪の中、曽世さんが芳樹さんをお姫様抱っこなんて、見ているとなんだかほっこりしてしまいました。
明日からもマイペースで応援していきます♪


◆今井美樹さんのCD。じつは持っているのはこんなもんじゃ~~ないんですが・・全曲持っています。コンプリートBOXもあるので・・・◆

20061231161414.jpg


紅白見ながらフィギュアスケートも見ているので、テレビ2台であっちもこっちも(笑)


◆見るつもりが睡魔に襲われてすでにダウンしているリディさん◆
ムニョムニョなにか寝言を言っていたそうなので、すでに初夢を見ているのか・・・? 何か食べている夢ではなさそうです。
20061231190437.jpg







匿名非公開です。クリックだけでもよし、気楽にコメントをつけてくださるとなお嬉し・・・

スポンサーサイト


『銀のキス』シーン② 

『銀のキス』続きいきます。
書いているうちに舞台の映像が不思議と頭の中にみずみずしく蘇ってきています。
セリフは頭の中に入っているものとメモから字におこしていっているので、一字一句あっているとは言えないですよ…その辺は間違っててもご了承くださいませ~。

《再び学校の洗面台》
イライラしているゾーイが蛇口にあたっているが水は出ない。
そこへロレインがやって来る。授業をサボってきたのだ。
ゾーイが手を拱いている蛇口を難なくあけてやり、昨日の事を謝るロレイン。引越すことが寂しいのとゾーイのことが大好きなのだ。そして、思わず感極まったロレインがゾーイに抱きついて涙ぐんでいるところにモーガンがタバコをくゆらせながらやってきた。

モーガン「あ!あ~ハハハ!あんたたちできてるの?」
ロレイン「ほっといてよモーガン!あんたそんな持ち方してると手首が折れるわよ!」

そこへ殺人事件の話をしながらキャサリンとジュリアがやってきた。
ロレインが泣いていたことをいちはやつっこむキャサリン。

ゾーイ「ねぇ、ロレイン。最近新聞読んでる?」
ロレイン「そんな暇あるわけないじゃない。どうして?」
ゾーイ「あの殺人事件のニュース、見出しだけ目にはいったけど、記事は読まなかったの。ロレインなら知ってるかなと思って」
ロレイン「知るわけないじゃない。物知らずちゃんとはわたしの事よ」
お腹がすいたロレインはハンバーガーを食べに行こうとゾーイを誘い先に行ってしまう。
ひとり残ったゾーイは、公園で見た革ジャンの男が切り裂きジャックかと思い出していた。

◆楽の日の吉田ゾーイはこの時、マジ泣きでした。でもそれが本当にロレインになっていて、ゾーイのことが大好きで離れたくないって気持ちを表していました。

◆「ものしらずちゃんとは私のことよ」のほっぺたを指差して言う吉田ロレインは可愛かったなぁ!

◆富士モーガンは笑い方がオバチャンです(キッパリ)嫌じゃないんだけどね(笑)

◆なんだかこの三人組はいつも楽しそうでした


《病院》
ゾーイが母の入院している病室に面会に来る。
つとめて明るく普通に話そうとしているゾーイだが、寂しさはぬぐえない。
アン「髪も流行りの型に切ったほうがいいんじゃない?」
ゾーイ「かあさんみたいにってこと?」
アン「これはたまたま…パンク風になっちゃってるわけで…かあさんみたいなおばあちゃんにはちょっと派手だわね」
ゾーイ「かあさんはおばあちゃんじゃないわよ!」

看護士が現れると同時にハリーが話をさえぎる。病院ではアンのわがままは許されないのだ。

《病室の外》
ハリー「タクシーで帰りなさい」
お金を渡す父ハリー。
ゾーイ「お医者さまが何を言ったわけ!?」
医者の言うとおりにしてみようとなだめるハリーに怒りをあらわにしつつ、病室に戻ってみると、アンが吐いている。慌てて医者を呼ぶ。
医者(前田さん)と看護士(寺岡さん)がベッドを移動させていく中、「ごめんなさい…あなたごめんなさい…」と苦しそうに謝るアン。

ハリー「ゾーイ、大丈夫だから…お前先に帰ってなさい」
とついて行く。

ひとり残されるゾーイ。

◆ゾーイの手をずっといじって話すアン。抱きしめてあげたくてもできない、だからこの手を握ることで自分の愛情をゾーイにいっぱい伝えようかとするように…そんな姿を見ているのが好きでした。

◆オロオロする感じが高根ハリーからよく伝わりました。


《公園》
公園にひとりたたずむゾーイ。
月が輝いている。

ゾーイの背後に静かに近づく黒い人影。

サイモン「美しい夜だね」耳元で囁かれ、驚くゾーイ。

ゾーイ「驚かさないで!」
サイモン「これであいこだ。きみも俺を驚かせた」
ゾーイ「どうしてあなたが怖がるの?忍び寄ってきたのはあなたのほうでしょ?」
サイモン「きみもどうして怖がったんだ?」
ゾーイ「たぶらかすような話し方はやめて!」
サイモン「どんな話し方をすれば…お気に召すのかな…」
ゾーイ「やめてよ。ひとりにして!」
サイモン「だって…一人だろ」
相手にできないと言うふうに無視して行こうとするゾーイ。

サイモン「どうか行かないで…」
憂いに満ちた表情で囁く男。

ゾーイ「何が目的か知らないけど、他をあたってちょうだい!」
立ち去ろうとする。

サイモン「君こそ…何か目的があるように見えたぞ。ひとりで夜の公園にいるなんてさ」
怒りをあらわにゾーイは杖をつきながら去って行く。

◆この場面の空の色合いとかが好きでした。空気の冷たさまでわかるような気がしました。

◆そんな中、すう~っと近づいてすごく近くで声をかけるサイモン。なんだかお二人ともエロティックでした。と同時に「そら誰でもビックリして怒り出すわな~」と思ってしまったりして(^^ゞ


《殺人事件現場の近く》
サイモンが猫の声にひかれるように現れる。
猫の声が威嚇するような声に変わり、悲鳴のような声に変わる。

「パル…パルちゃん。どこにいるの。帰ってらっしゃい。パル…パル!」と女の子(三上くん)が猫を探して通り過ぎる。

◆ここの三上くん、ジュリアのまんまなんですが、これはジュリアではなく近所の少女なんですよね?

◆パルちゃん、グシャっと殺された音がリアルでね…想像はやめました(゜_゜)

◆これはわたしの頭の片隅で想像してしまったんですが、猫に近づく曽世サイモンを見ているとつい…「アメジ…アメジ~♪」とフキダシをつけて見てしまったりして(笑)
しばらくしてサイモンが口をぬぐいながら出てきて、通り過ぎようとするが、前から酔っ払ったサラリーマンが二人(藤原さんと船戸さん)やってきたので、木陰に隠れる。

二人が殺人事件の噂話をして通り過ぎるのを待って立ち去るサイモン。

◆はい、ここのサラリーマン、おきまりの面白キャラです。自ら怖い話をふっておいて、こそこそ早歩きで逃げ腰な藤原さんのキャラ(笑)
船戸さんの毎回変わるアドリブ。12日には「」やっぱりヤンキースは強いな」とか言ってましたし。



《廃墟の片隅》
疲れきったサイモンが廃墟の片隅からくたびれたトランクを引きずり出してくる。
トランクをあけると、一枚の小さな肖像画と土が入っている。
サイモンは肖像画を取り出し少しの間見つめるとかたわらに置き、トランクの中の土に手を浸すように入れた。
故郷の土なのだ。
この土に触れていると体の中に不思議な力が流れこんでくる。サイモンはしばらくの間、遠い昔に想いをはせながら土に触れると、肖像画をもどし、トランクを閉めると、廃墟の壁にもたれてトランクを抱きしめた。

サイモンの脳裏に公園で会った少女が浮かび上がる。
サイモン「きれいな娘(コだったな」

◆トランクの中の土にに手を浸して、一握りを頬に持っていく曽世サイモンの表情についウルッときてしまう私なのでした。

                             



                                                 <<<続く




「写真物語」をひとつひとつ感動しながら見ていて「戦争に散った息子と夫」でかかった曲が『銀のキス』でサイモンが光に溶けていくところの曲だったので、この記事を書いていてビックリしました。選曲が私の好きな曲ばかりだったのもあるのですが、一枚の写真に秘められたメッセージが心に深く染み渡るような番組でした。






ライフスライル納め(*^_^*) 

今年もあと1日と少しになりました。
大掃除は…なんとか明日の昼までには身の回りがなんとかスッキリしそうです。いや~ゴミ多かった~。
ここに覗きに来てくださっている皆さんはいかがでしょうか?

少し落ち着いたところで、スカパー!でやってるStudio Life World見ています。今日は「Life Style」4本立て♪一挙放送!録画してあるテープがあるのに放送見てしまうんですな、これが(笑) ふだん録画すると、したことで安心して見ないんですよ、わたし。あ、笠原さんがそんな事言ってましたっけ。DVDレコーダ買って、HDに録画するだけして見ないとかって(^^ゞ 同じ金星人だから?(笑)

改めてじっくり見るといいですね。とくに稽古のところは緊張感が伝わってきます。

#3の曽世さんのナビゲーターが、何故か古畑任三郎なのがツボです。ナビゲーターなので要所要所に出てきてくれるのが、私にとっては嬉しい放送♪

林さんがいるのに出てないのって…あ、これは知ってても知らんぷりしなきゃダメ? ラウンドワンのピンに入ってコツンする姿がお茶目でかわいいんですもの…(・.・;)

稽古の風景を見ていて「トーマの心臓」の舞台の映像が頭にかぶって見えてきて神聖な気持ちになってしまったりして…。これもDVD欲しいなぁ~。

3時間と思っていたら、4時間だったのね♪得した気分でした。



■やや気になるCMたち■
ライ4チャンネルの「カレー食べながら華麗な一族」と山崎豊子さんの原作のドラマ「華麗な一族」のライヨンちゃんのベタなCMが可愛いんです(^-^) ドラマが楽しみなので、気になるのかな?

そしてこれも関西ローカルCMですが、出ましたよ~犬井ヒロシくん!そう政宗くんを彷彿とさせてくれるあの彼!
「ビッグステップのバーゲンに行くかは自由だ~!」「バーゲン イズ フリーダム♪」 とやってます(笑)



今年も最後に近づいていますが、今年は本当に充実していて楽しい事がたくさんあって、いいものも見れて本当に早かったです。皆さんはどうでしたか?

心の交流もあったし、人とのつながりがとても大切なんだなと感じる年でもありました。
来年は確かなつながりをより大切にしていきたいと思っています。
私に優しく関わってくださった皆様、ゆる~く見守ってくださった皆様、本当にありがとうございました!来年も宜しくお願いします。

そして、よいお年をお迎えくださいね♪




匿名非公開です。クリックだけでもよし、気楽にコメントをつけてくださるとなお嬉し・・・

★1時の方、ありがとうございました♪大晦日なので、夜更かしさんも多いのかしら?

日本歴史占い 

甲斐さんところ経由で私の占い結果の詳細をば・・・・

わたしは霊術を使って国を治めた神秘の女王 「卑弥呼」 だそうで・・・。

人を操り心をまどわすシャーマン気質
あなたは素晴らしい潜在能力の持ち主です。とりわけ第六感が発達している感性豊かな女性。なので、仕事もできる、酒もいける、涙もろいわりに豪快。卑弥呼も幼い頃から霊感が強く、洞察力に優れ、戦争、疫病、飢饉など国の一大事は、すべて彼女の言葉にゆだねられていました。ふだんは大胆ですが、弱点を突かれるともろいので、ヒステリーになりやすい面も。

◆かなり当たっています・・・・

◆頭脳・知性
ズバ抜けた情報消化能力の持ち主。どんな情報も神がかり的に消化してしまう。意味不明、支離滅裂であってもそれなりに。とりわけ第六感が発達していて、直観が鋭い。
◆確かに直感で生きています(笑)

◆センス
チャレンジとリベンジを繰り返す。小さな幸せに満足できず、いつも何かに立ち向かっている感じ。他人にふりかかる困難も不幸も、自分の人生として噛み締めてしまうから、いつも“ドラマチック”な人。
◆確かにチャレンジとリベンジ・・・(笑)結構人の幸福シーンには立ち会っているかも・・・

◆感情
情が厚く、頼られると丸ごと引き受けてしまう姉御肌タイプ。一人で何でも抱え込むので、ストレスがたまりやすく、落ち込みが激しい。豪快に見えて、実は繊細。人知れず、プレッシャーと戦うことも。
◆姉御肌・・・当たっているかも・・・小さい人間なので、意外にね・・・

◆外見・言葉
けれんみのなさ、気風の良さ、大胆さは男まさり。なにごともキッチリこなすしっかり者で、何かに打ち込む姿が好感をもたれる。意志の強さが全身から漂っていて、不思議な存在感をアピール。
◆これは・・・・自分では判断しかねます

◆行動
人一倍責任感が強く、努力家。コレと決めたら、寝食を忘れて没頭するタイプ。脇目もふらずひたむきに打ち込んでしまうため、たまにレールが外れていても気がつかないことがある
◆寝食忘れて没頭は当たっていますね。やり出したら止まらない・・・キリがいいところまで・・・と何時間・・・・気づいたら夜が明けているなんて日常茶飯事。


ちなみに 曽世さん を勝手に占ってみました。「石川五右衛門」だとか。世界でオンリー1の存在・・・フフフ・・・当たっているかも(笑)


★あなたも占ってみては・・・・?
日本歴史占い



『銀のキス』シーン① 

20061229001948
 ■絶対おかしい…おかしいはず…焼き海苔が好きだなんてぇ~リディさん、あんたはやっぱり猫らしくないと思う!■

気分的にはまだ『銀のキス』が語りたいので、続けます(笑)

目が見えなくて、私のブログを看護師さんに読んでもらって、イメージしながら楽しんでくださっている方もいらっしゃるので、最初のシーンから順番に語ってみようかと思います。あらすじみたいなものですが。
今回は小さなリングメモ持ち歩いて、幕間や終演後忘れないうちにセリフやら何やら書き留めておいてよかった~セリフはシーン思いだすと覚えてしまってたりするんですが、トークイベントは書き留めきれず、ゴメンナサイ…その場で書くのはちょっと…で楽しんでしまうので(^^ゞ
最近テレビ見る時とかにもいい言葉とかがあると書き留めておけるようにいつも手元にメモとペン置いてるんですよ(^^ゞ
映像は焼きつくんですが、言葉はすぐ忘れるロバ頭なもので…(=°ω°=)セリフは何故か2度観るとたいてい覚えていたりするんですが…。

では…開幕…

ステージのセットはポールだけのビックリするほどシンプルなもの。奥のポールの上の方に人が一人歩けるほどの渡り板のようなものがあるだけです。

《学校》
上手にタイルの洗面台。そこで3人のギャル(三上ジュリア、関戸or吉田キャサリン、富士ダイアン)がお喋りをしている。
ダイアン「ねぇ、このネイルどぉ~?秋の新色なんだって♪」
キャサリン「いいんじゃない。あ、でもちょっと地味かな~」

◆ジュリアはブロンドの髪をふたつに束ねてリボンで結んでいる。タータンチェックのミニスカートに白いハイソックス、赤いスニーカー。ラグラン袖が紫でみごろが白のポップなTシャツの上に赤いスタジャン。キャサリンはショートカットに白いオフタートルのセーター。胸に赤い51マーク、デニムのスカート。モーガンはショートカットでピンクのジャケットにマフラー。パッチワークのスカートでベージュのウエスタンブーツをはいている。


ジュリア「早く夜にならないかな。わたし踊るの久しぶり~♪」(踊る)
キャサリン「あんたの場合は踊ると言うよりボーイハントでしょ?」
ジュリア「あんたもね!」
キャサリン「ばれた~?」

のような会話で大盛り上がりのところに下手からゾーイが杖をついて出てくる。

一瞬気まずい空気が流れ、キャサリンの合図で「ハーイ」とゾーイに挨拶する3人。ためらうように返事を返すゾーイ。そのまま手を洗いに洗面台に。
気まずくなった3人は
ジュリア「わたしやっぱりブルーのニットにするわ」
モーガン「あのやたらに胸が目立つやつ?」
ジュリア「う~ん、悩殺よ~♪」(スタジャンを半分ぬいで胸をふる)
2人「キャー♪」

キャサリン「(咳払いして)行こうか」
モーガン「わたしロッカールームに寄って、教科書取って来なきゃ」
ジュリア「あんたってホント要領悪いんだから。先に寄ってくればいいのに」
キャサリン「じゃあゾーイ。私たち先にロッカールームまわり、急がなきゃならないから」
ジュリア「待って待って!」(おどけて踊る)
キャサリン「もう!悪いでしょ、踊りたくても踊れないんだから」
モーガン「だってジュリアが~」
キャーキャー言いながら3人は下手に走り去って行く。


ゾーイ「深呼吸…深呼吸。ママの教えてくれたおまじない、深呼吸して今日一日をはじめればいい」


◆原作ではゾーイは体に欠陥はないのですが、ゾーイが何かハンディがあるほうが…と言うことで、「ガラスの動物園」をヒントに足が悪い設定になったのだとか。杖をついていて、デニムのフレアースカートに白いTシャツ、グレーの背中にネコの柄が入ったパーカーという衣装です。

《ゾーイの家》
下手にゾーイの家のセットが出てくる。ポールに一枚は風景画、もう一枚は猫と花の描かれた2枚の絵が降りてきて、シンプルなテーブルに椅子(「メッシュ」「トーマの心臓」に出てきた細長い椅子)三脚。電話台に電話機とガラスのグリーンの花瓶、一段下にラジオが乗っている。

ゾーイ「ママ…ママ…」

テーブルにお父さんからの手紙。

手紙を読んで(後ろに回想のようにが立っている)コーンフレークにミルクを入れて食べはじめるがあまり喉を通らず…

ゾーイ「アン・サトクリフ母さんのサイン…ママ…」
左腕を猫の絵に伸ばしてつぶやくゾーイ。

上手にロレイン
ロレイン「ゾーイ…ゾーイ!ゾーイ、ゾーイ!ゾーイ!」
ゾーイ「ロレイン」
ロレイン「あぁゾーイ、大変なの!」
と急なオレゴンへの引っ越しの事を知らせに来るロレイン。

ロレインが去ったあと、部屋で新聞を読み始めるゾーイ。
ゾーイ「二児の母、マーケットの地下駐車場に死体で発見。首を切られて体内に血液はほとんど残っていなかった…。そんな事…ホラー映画じゃあるまいし。何なのよ、まるで三流新聞の記事みたい!」
そこに父ハリーが帰ってくる。疲れている父はゾーイの質問にも虚ろな答え。

ゾーイ「ちょっと散歩に出てくる」
ハリー「あんまり遅くなるなよ」
すでにこの時、時間はもうすぐ10時である。
鍵をかけわすれた事を危ないと言っていたのに、こんなに遅くに出かけようとする娘に半ば無関心のように答えた父に対する怒りを胸に公園に出かけるゾーイ。ひとりになりたいときにいつも来る公園である。

深呼吸するゾーイの後ろで這いつくばって何かをあさっている影。

立ち上がったものは銀髪に革ジャンの男だった。ゾーイと目があうと慌てて逃げ去って行った。

◆このときの暗い夜の風景がライトと月でうまく表現されているんですよね。

◆山本サイモンと曽世サイモンの革ジャンも違っていて、芳樹さんのはビョウがたくさん打ってあるもので、曽世さんのはシンプルです。ともにライダースジャケットですが。


                        <<<続く…




匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・



スケート 

20061228220225
いや~ショートプログラム見応えありました。
フィギュアスケートの選曲も好きなんですが、「シェラザード」 「ノクターン」「ボレロ」他、とっても好きな曲が流れて、レベルも高くて明日のフリーがとても楽しみです♪
真央ちゃん見ながら、「ヴァンレジェ」のジョージと背景思い出すわたしって、やっぱり洗脳されてますね(笑)

藤木直人さんがパパになったそうで…。おめでとうございます。そんなメールをいただいたのでおめでたい事だし、書かせて頂きました。なにげに見守っているだけに年月感じてしまいましたよ。と言うわけで、写真は以前関係者に配られた藤木さんのアルバムの限定ジッポライター。シリアルナンバー入りで、私はお香に火をつける事に使うくらいしか使ってないんですけど頂いて、大事に使っております(^^ゞ なぜ私が持っているのか?ま、いろいろとね(笑)

今年は紅白見ます!!(勝手に見ろって・・・?)だって、大好きな今井美樹さんが出るんですもの~~♪「PRIDE」歌うんですよね♪しかも布袋さんとのセッション! どれだけリピートして聴いた歌か・・・。 今年20周年ですか・・・。ああ~~3月の国際フォーラムAのコンサート行きたい・・・・。前売り開始は私のBD。激しく悩む・・・。中島美嘉ちゃんも出るしね。楽しみです。






匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・





大掃除 

今年の年末は早めに仕事も終わったし、LIVEや舞台のカウントダウンに行く予定も入れなかったので、せねばなるまい大掃除!今年こそはっ…(笑)
いらないものを捨てよう…いらないものだらけのはず…

なのに…


かなり捨てたのに、周囲は変わらず…


本当に物は減るのか?
乞うご期待!



結果は正月明けに…(誰も興味ないってばよ…ボソッ)




匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・




祝!1周年! 

去年の今日、Blogをはじめたようです・・・わたし(なんて他人事)

oikawa-05.jpg



というわけで、1周年のようです(笑)

三日坊主のはずが1年続いたことに感謝・・・・・

これからも続けていければいいな・・・・っと♪なにぶんシロクマなので、ゆる~~~~く見守って頂けたら・・・・と思います





匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・

ケーキ 

やっぱりこれは食べるでしょう~~~どんなに寂しいクリスマスでも・・・あ、一人で食べてたわけじゃ~~ありませんよ(笑)
ホール買いしてもつまらないし、欲張りなので、2個違うケーキってことで・・・

1個目がカシス

カシス




2個目はミロワール・ショコラ

ミロワール・ショコラ



聖夜の夜に… 

20061225232043


いただきものに迫る影…


わーいチョコ?


コラ~ッΨ(`◇´)Ψ

いただき~~



小悪魔の仕業か・・・



小悪魔






匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・



★Merry X'mas★ 

20061225180242
◆11月に撮ってたんですが、どうしてもクリスマスに使いたくて我慢していたリディさんとクリスマスバージョンのダッフィーベア(*^_^*) 誰かがうちのリディはサイモンに似ていると言ってましたが、似てます?…その前にリディはレディだ(笑)◆

★Merry Christmas★


皆さんに素敵なXmasでありますように…♪


クラスメート 

20061224005227
◆仕事からホテルに帰るときに駅のイルミネーションにあちこち人だかりができていたので、便乗してみた(笑)◆

今日はゾーイのお友達いってみようかな。

ロレイン役の関戸くんと吉田くんゾーイの親友、ロレイン
関戸ロレインのハイソックスは赤からピンクでオッケー?(笑)
吉田ロレイン、個人的に好きだった。楽にはマジ泣きしながら演技してましたが、これがちょうど泣いて顔洗うシーンだったものだから、よかったですね!

電話のシーンとゾーイとの別れのシーンでは二人とも物販で売っていたブレスレットしてましたね。回想シーンで一旦はずさないといけないので、つけわすれてた日もありましたが(笑)

ジュリア三上くん。二つに束ねてリボン、チェックのミニプリーツスカートに赤いスタジャン。踊ると時々見えちゃうのも可愛い。本人見えるようにやってたとかいないとか(笑) それより胸がいつもより3割増くらい?
「パルちゃ~ん(飼い猫探すところ)」
はジュリアじゃないんですよね?

モーガン冨士くん。笑い方が大阪のおばちゃんチックだった。モーガンがおばさんになったら確実に…(笑)
いつもはパッチワークのスカートだけど、12月11日だけスカートがブルーグレーのチェックスカートだった。一日限定だったらしい。

キャサリンは吉田くんと関戸くんのダブル
このザックリタートルセーターは関戸くんには不利(笑)
関戸くんは姿勢が悪いですからね。でも、少しマシにはなっていたような。
ロレインにはちょっとイジ悪だけどゾーイには気をまわしている一面も…。

女の子チームは楽屋でもこのノリだったとか?よっぽど楽しかったんでしょうね(笑) ギャルですからぁ~~(笑)



■ちょっとツッコミ『銀のキス』■
~12月10日編~
死体の吉田くんor関戸くんを運んで行くポリスマンがこの日のマチネから寺岡くんと下井くんにかわりました。この前日まではサイモンとゾーイだったんですよ。

マチネAnima、やたら爽やかな新聞青年の寺岡くんが新聞バサバサ~っと見事に全部落としました(笑)そのあと早変わりのため焦りが出たのか、袖でどーんと自転車がぶつかる音が(笑)

ソワレのVita。
クリストファーが穴に落ちた後、カクカクとせり上がってくる串刺しになったクリストファーの残骸(笑)がなくなり、影絵のようなシルエットになりました。
倉田さん曰わく、急に思いついて、慌てて作ってもらうことにしたのだけれど、間に合わず、この日になったそうで、このほうがイメージが広がるので…と言う事でした。

松本ゾーイの髪型が地毛の編み込みでした。後にも先にもこの日限定。




匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・

●23日1時台の方、ありがとうございました♪

スタジオライフを知っていますか? 

20061223020239
■冬は鍋よね…っと出張に出る前日の鍋だけど。このあと、朝はカニミソ入れて雑炊にした(^-^)v■

ええ、ええ「コミックボックスジュニア」まんまと買わされましたよ。750円高いっつーの!劇団写真より担当様が綺麗に写っているじゃ~ないの…流石に腐女子の愛読書…ボソツ。どの角度から写せば乙女達が喜ぶ写りになるのか、よくご存知で。劇団の写真担当さま、少し勉強してみてくださいませぬか?
カラー見開きのインタビューだったので、うっかりレジに直行してしまいましたわよ。

ついでと言っては失礼だけど、久々にシェイクスピアの戯曲を読もうかと「ヴェニスの商人」買いました。わたしにはとても思い出のあるものだったので。

デイジーの残りのキャスト発表。アリス先輩若すぎませんこと? 大丈夫ですか?クレア先輩。無理がないか?ちょっと心配。
いや、久々の…しかも女の子って…「リップクリームってさぁ~」金髪ストレート女子がちらっと目の前よぎったぞ( ̄□ ̄;)!!いや、可愛いはず…お嬢様だし…優等生だし…アワワ(明らかに動揺)
頑張れクレア先輩~!とりあえず親衛隊長に立候補してみる(笑)

久々にジーコが帰ってくるんですね。佐野くんも。前田さん連投だし、楽しみです。

とはいえ、「銀キス」モードからまだ抜け出ていません。余韻にひたってます。

ハリー&アン 

シングルキャストの方はそれぞれのチームごとに同じ役でも違う演技ができるのが役者さんにとっては密かな醍醐味なのではないでしょうか?
同じ役でもダブルキャストの役者さんの個性や役に対する解釈(ある程度基本は同じかもしれませんが)や表現も人によって違うので、当然それにあわせて変化をつけなきゃならないわけで、大変だと思いますが、その役が好きになればなるほど演じる楽しみもあるのかな?と思うのですが、どうでしょう?

勿論、本当にそこまでいけるのはひとりの演技力だけでは無理な話で、その舞台に出ているすべての人が自分の役を生かしてなければならないんだと思います。

その点では『銀のキス』はとてもいい空気が流れていたような感じを受けました。誰かの演技がいいと言うより全体に流れる空気…友情だったり、愛情だったり、親子愛だったり…。そんな空気の中で、自然ととても素敵な空間を醸し出していたのはこのお二人ではないかと思います。
当然稽古中にはその空気を作るためにコミュニケーションとか色々大変だったり、ご苦労はあったのでしょうけれど…観客にとっては結果だけなので、計り知れない部分なのですけれど。

前置き長いっちゅーねん!(^^;) 我が担当様がA4サイズ一枚じゃ書ききれないから…と言う気持ちがちょっぴり理解できます?じゃあ、2枚でも3枚でもホチキスでとめて…と思ったりしたのですが…だって担当様の字、好きなんですもの(余談)

友人経由で見せて頂くたびに、この人の書く字、好きだなと思うゾーイのパパ、ハリー役の高根さん。←やっとたどり着いた(笑)
高根さんと言えば、クールなイメージでいらっしゃいますが、字を見ると密かな優しさやお茶目ささえ感じてしまうのですが、当たっているのかは? そんな事はいいとして(^^;)

パパですよ、パパ。時の流れを感じ…コラッ(ノ`△´)ノ

ムニャムニャ…

真面目なパパ。優しいパパ。家族を大切にするパパ。
ゾーイがひとり悩みを抱え込んでしまうのは、このパパの資質を受け継いでいるのかなと感じるパパでした。
この家族、みんな優しいんですよね。
子供に余計な心配をさせたくない、癌と闘う辛い姿を見せたくない。家族ってそうあるべきなんでしょうけど、なかなかね。←我が家は失敗家族だったもので(笑)

奥さんのアンのため、娘のゾーイのため、自分が頑張らないと…そんなパパ、ハリーを二人のゾーイ、それぞれに優しく、受け止めていたように思います。

疲れ具合がリアルだったんですけど(笑) 案外コーンフレークがミルクに浸ってベチャベチャになったのお嫌い?ゾーイが食べたあとザラザラ入れてコーンフレーク中心に食べていたような…私がコーンフレークにミルクが苦手なので、そう見えただけ!?(笑)

林さんのアンは皆さん絶賛されているようなので、とくに語る必要もないのかと思いますが、私的には個性的な役の時の林さんより、しっとりとした役を演じている林さんの方が魅力的です。
まず、癌の闘病中の役なのでスキンヘッドにされてずっとベッドの上。スキンヘッドで衣装も検査着みたいな感じなのに女性に見えるってすごいですよね。寝ているか起き上がっての少ない動きですから、ごまかしはききません。
ゾーイの手を握って話す。スキンシップはこれしかできないけれど、この手の繋ぎ方にゾーイへの愛情がいっぱい伝わります。
そして精一杯の素敵な言葉の数々。

「滑っても投げつけでも割れるときには割れるのよ。どうして割れたかなんてどうでもいいの」

「自分の中にため込んじゃだめよ。いつか弱いところがほころんで、破裂する」

「世界が壊れてしまうわけじゃないのよゾーイ。人は誰でも死ぬの。目を背けていても消えてなくなったりはしないの。死を拒む魔法はないのゾーイ。」

「母さんは特別じゃないのよ」
「ゾーイにとっては母さんは特別なのね。でも、この世のすべての中では特別じゃないのよ」

「母さんもまだ少しは怒っているのよ。やりたいことが残っているんだもの…」

「存在しなくなるって言うのがどうしてもわからないのよ。内心怖くて仕方ない」
「はぁ~。この痛みには我慢できない」

「母さんは怖かったのよゾーイ。こんな姿見せたら、楽しい思い出も消えちゃうんじゃないかと思って。ゾーイが母さんを思い出すとき、こんな姿しか浮かばないんじゃないかって…。そうならないようにしてね。思い出すなら、あのときの事…。」
「気落ちしたりしないでね。命のある限り、精一杯生きてちょうだい」

少女から女性にかわっていくゾーイを優しく強く見守っている素敵なお母さんを演じられたと思います。

■ちょっとツッコミ「銀のキス」■
~12月9日編~
三上ジュリアの右の髪が落ちました。バサッと落ちた瞬間、三上くんはスタジャンのポケットに突っ込む突っ込む!何事もないかのように演技をしていましたが、落ちてる方を客席に向けなければならない瞬間がありまして~。

この日、曽世サイモンが回想シーンで話してる時に、三上スカーレット(サイモンの母)は思いっきりセリフがサイモンにかぶりましたね。
曽世サイモンもこの日は台詞が「あれあれ?」な箇所がありましたが、ドンマイドンマイ(;゜O゜)

深山クリスティーヌの衣装が初日と変化。カーディガンと帽子がピンクに。初日は幼稚園帽子みたいな紺の帽子にジャケット(オフィのトップページ参照)でしたから…。う~ん、これもいいとは私は思えなかったのですが…。



■ややはみ出しLife■


本屋をウロウロしていて見つけた本

『ケンタロウ鍋』(笑)



ただそれだけの事(゜_゜)


匿名非公開です。クリックだけでもよし、コメントをつけてくださるとなお嬉し・・・






クリストファー 

20061221205219
クリスティーヌ?ウソウソ(^^ゞ「銀キス」観ていないとわかりませんね(?_?)
最後のドッキリ!に現れるテディベアを抱いた女の子(深山くんと荒木くんのダブル)がクリスティーヌと言うらしいんですが、その子が抱いてるのがこのダッフィーベアなんです(笑)わたしの携帯には11月にTDS行った後からXmasダッフィーがついている…普通のダッフィーも欲しくて抱いて放さなかったら、友人に叱られました(笑)まるで子供f(^_^)◆

そろそろ『銀のキス』の事を語りはじめようかな…なんて思いながら、すでに何日(^^ゞ

もうどこから語ってよいものやら…

今日はクリストファーを…。

初日は深山さんのクリストファーだったのですが、これ以前に書いたと思いますが、第一印象、わたしの頭の中にイメージされたのは「チャイルド・プレイ」と言う映画のチャッキーだぁ~(@_@) オーバーオールでテディベア抱いてる姿がこんなに似合う成人男性はなかなかいないであろう~可愛いじゃ~ないか~っ!と思ってしまいました。深山さんもチャッキーイメージしていたそうで…日に日にチャッキー度が増していっていました。

荒木くんのクリストファーは第一印象、綺麗に銀髪だな~。他の方々はプラチナブロンドっぽい色合いなのに、荒木くんのはすご~く銀髪!って。(「Top Stage」見ればわかりますよ)
人と接するときの笑顔と顔を合わせていないときのクールな表情の変化がクリストファーの凶悪さを醸し出していたと思います。
台詞まわしが単調だったので、言いたい事のどこが大切なのか少しわかりづらかったのですが、楽近くにかわってきてやはり経験なのだな~なんて思って観ていました。
曽世さんとのアクションは見応えありました。

サイモンとクリストファーの対決シーンは各チームで殺陣が変えてあったのですが、Vitaは芳樹さんの身の軽さを生かしていて、側転と回し蹴りは絶品でした。松本ゾーイがかなり動けるので、ゴロゴロ転んで行ったところをクリストファーが襲おうとするところで、庇う姿が好きでした。クリストファーが渾身の力をこめて引っ張ってもはなれない! ここで深山クリストファーは何故サイモンが命をかけてまでゾーイを守るのかが理解できずに苛立ちが最高潮になる…と言うのが表現されていて私は好きでしたね。

Animaの方は、ゾーイが体をはって飛び込むっていうのがなかったので、クリストファーの気持ちが表現しにくかったんじゃないかしら?と思いました。でも、曽世サイモンと荒木クリストファーのアクションは見応えありました。曽世さんがぴょんと跳ねおきたときの後ろ姿がたまりませぬ←どこ見てんのよ!(@_@)オシリ…ウフッ(*^_^*) そして、「夏夢」の時より身が軽くなってます!感心。
ちょっと苦手な側転を助走つけて頑張ってた姿が愛おしい(担当愛)
荒木くん、11日の公演から、クマの中の土かぶってパワーアップしたあと、ロック調な奇声をあげてサイモンを襲いに行ってましたが、コレが結構迫力ありました。

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のクローディアでしたっけ…子供の姿のまま吸血鬼にされて、恋をするけれど子供としか見てもらえずに苛立って無差別に吸血行為で人を殺してしまう…って。クリストファーの心と似ているなぁと思い浮かべてしまいました。

■ちょっとツッコミ「銀のキス」■
12月8日Anima初日。開演前に友人と談笑していた所から、甲斐さんと及ちゃんがフライヤー渡しをしているのがよく見えた。お客さんはほぼ場内に入って暇になったところ…芳樹さんの場内アナウンスが始まった。「なんだか暗くない?」と私たち、すかさずツッコミ話をしていた所、どうもお二人も同じツッコミをしていたらしく(甲斐さんのブログ参照)二人してフライヤーのテーブルに手を置き、ズッコケポーズをしていた!なんだかほのぼの可愛い男子二人(笑)

同日、ゾーイ宅の電話やラジオを置いた棚が下手にはける際に花瓶が落下!「ガッシャーン!」割れちゃった。後半にサイモンがゾーイの首から十字架ネックレスをはずして投げ込むために必要な大切な花瓶。幕間にスタッフさんがせっせとはいてらっしゃいましたがどなたも怪我などされずによかったです。後半新しい花瓶がちゃんと置いてありました。

この日の吉田ロレインは鏡の前でポーチから必死にブラシを出そうとしていた。だが…必死になればなるほどブラシはひっかかって出てこない。「台詞言わなきゃ…でも、ブラシ…」と吉田ロレインが頭の中で言っていたかどうかは本人のみぞ知るですが(笑) 顔には明らかに出てました。そして途中でとうとう諦めたのも。
荒木クリストファー、舟見ゾーイが杖で殴るときに掴みそこなっておりました←細かい事ですが(笑)ドンマイドンマイ(゜-゜)

そんな事より、舞台挨拶にハイソックスをはいただけであげそこなったまま出て、舞台上で上げていた関戸キャサリンがツボだった私(笑)


合宿…なんですか? 

20061221010235
◆東京から帰ってきたら、仙台の笹かまぼこが送られてきていた♪わさび醤油で食べると美味しい(・∀・)◆

Studio Life合宿と言う名の慰安旅行?いいなぁ~忘年会か…。ここ数年、会社の忘年会すらない!同じ東海地方に来ていてなんだ?この差は…?

さぁ、早く寝て仕事頑張ろ。

私がStudio Lifeに泣ける訳 

個人ブログだとは言え、かなり好き勝手書いているとは言え(かなり書きたくても書けない事もあるので、たぶん4割くらいしか考えてる事や出来事は書けないでいますが)、いろんな方がこのブログを読んで下さっているわけで、Studio Lifeの芝居に泣いた事がないとおっしゃる方からわたしが満足しているかと言う質問を頂いたので、「わたしがStudio Lifeで泣ける訳」を語ってみたいと思います。

演技の質はいろんな方が厳しくおっしゃっているとは思います。確かにもっと旨い役者さんは観きれないくらい沢山いらっしゃいます。
Studio Lifeの舞台を観ていて、昔少し演劇をかじった素人のわたしでももう少しうまく間が取れる、声も出ると思うくらいの演技の方もいます。
大好きな担当役者さまの演技でも、すべてが上手いと感じる訳ではありません。好きだから何でもOKと思っている訳ではないのです。むしろ嫌われるかも…くらいな厳しい考えすら持つ事もあります。

ではなぜ、泣けるのか?

私はで舞台を観る事にしているからです。

これだけ聞くと、何を偉そうに…と思われるかもしれません。私の頭の中では役割分担が多分3つ以上に分かれていて、個々に観ている気がします。

「何だそれ?」

ですよね(笑)
私の頭の中では「ストーリーを純粋に楽しむ部分」「セットなども含めて技術的な面を見る部分」「失敗や変化を見つけてしまう部分」「面白い部分をついパロディにしてしまう部分」などに分かれていて、それぞれが個々に観ているんです。

基本的には「ストーリーを純粋に楽しむ部分」をメインに置いていて、その中には役者の技術的な部分を見ることは含まれていません。

この部分でわたしが一番大切にしているのはどんなに技術的な事がなくても構わないのです。

「いかに与えられた役に心が吹き込まれているか!」
どんなに巧みな演技力を持っている人でも、その役に対して心が感じられない場合は私にとっては魅力のないものになってしまうのです。

技術がなければわたしの想像力で補えばいい

この部分の私はそう思って観ているようです。だから、純粋に泣けるのかもしれません。

目の肥えた、演劇に厳しい方から観てStudio Lifeがまだまだと思われているのかもしれませんが、 「男女の性別を超越して心を演じる劇団」 それがStudio Lifeだと私は思っています。
演じられている役者さんは、私の好きな担当役者様は、命をかけて演じられています。その評価はいかなるものかは賛否両論でしょうが、私は今、それを実感しています。
答えになっているかどうかはわかりませんが、わたしがStudio Lifeに泣けるわけは



なのだと思います。

深呼吸 

20061218164723

「深呼吸…深呼吸

ママの教えてくれた おまじない

深呼吸して、今日一日をはじめればいい」


北千住のシアター1010で行われていた Studio Lifeの『銀のキス』 公演が終わってしまいました(T^T)

この公演を観られて本当によかったです。この11日間、全公演観劇を観劇して今年は満足です。昨日は最高の出来事もあり、舞台挨拶にもものすごく感激して(レポ?書きます)周りが笑っている中、何故か涙が止まらず…とても好きでした、この公演。

そして帰ってきたら、すごいヽ(≧▽≦)/狂喜乱舞なものが届いておりました。何が?って、これは答えられません。最高のクリスマスプレゼントです。神様ありがとう!

■ややはみ出しLife■今日の写真は北千住のスクリーン。待ち合わせのマックで紅茶を飲みながらぽや~っと見ていたら、Studio LifeのCMが♪ これ、ナレーションが曽世さんだったんですよ。昨日、歩道橋の上に出たらオスカーの曽世さんのどアップに心臓バクバクな私でした(笑)DVDとかの特典に入れてくれないかしら♪

銀のキス 

今年の世相を表す漢字は『命』に決まったそうで、まさに「命」を感じる『銀のキス』。ついでに暗いほうだとイギリスでは切り裂きジャック?が出没しているとか…あら、なんてタイムリーなんでしょっと思ってしまった私です。←公演観ていないと何でタイムリーなのか???だと思います。

ただいまStudio Life偏り観劇中!
舞台&吸血ものという私にとってはとても心惹かれるコラボレーションに毎日が夢のような年末を過ごしています。ソワレで次の日マチソワだと夜更かししていられないので、ブログを書いている余裕もなく、正直Animaチームの深さに簡単に言葉にする事がとても私の文章では薄っぺらくなってしまいそうで、書けないのと公開では書きたくない部分もあって…真面目な感想は少しひかえさせて頂くかもしれませんが、そろそろちょっとづつ書かせて頂こうかと思います。

これから観劇でまっさらな気持ちで観たい方、リピーターの気持ちがわからない方、毎日観ているこんな私のやることなすこと気に入らないと思われる方はこの先ネタバレも含みますので、ここで読まれる事をやめて、もっとあなたの有意義な時間に戻られる事をお勧めいたします。

『銀のキス』Animaチーム観劇しております。すっかり中日も過ぎました。あと今日を含めて4日になってしまいました。

担当様びいきはちょっと置いておいても私としては初日だけ涙の量を比べると、小雨と土砂降りくらいの違いでしょうか。すでに前半…いえいえ、月の光の下に切ない顔の曽世サイモンを見たところから、「何だろう…このこみ上げてくるものは…?」と言う感覚に陥ってしまったのです。
舞台はひとりでつくるものではなく…と言うように全体がいいんです。

舟見ゾーイがこれまた孤独な心を全身にまとったような少女っぷりでよいではないですか。トークイベントでおっしゃってましたが、悪い設定の左足はくつをはくと痛いくらいにソックス重ね履きして意識しながら演じているとか。

原作ではゾーイは足の悪い設定ではないのですが、倉田さんが「ガラスの動物園」の足の悪い少女のコンプレックスをヒントに設定したそうです。

他の人物についても後ほどぽつぽつ書いていきます。これから観劇なので(笑)



■ややはみ出しLife■

昨日、芳樹さんのTシャツが変わりました。ほかにも演出やキャスティングが変わっている部分があるのですが、メモしてるのでぼちぼち更新しますね。


昨日のAnimaでおいおい~(=_=;)な出来事があったので。
平日はご招待客も多く、またも被害にあいました。サイモンとゾーイがはじめて言葉を交わすシーン。

スースースー。

グーグーグー

まだ、はじまったばかりだぞ!?まだ言葉を交わしはじめたところだぞ!

寝るなら来るな~!ヽ(*`Д´)ノ

100歩譲って、イビキはかくなぁ~(ノ`△´)ノ

これだからタダで観に来る客なんて(*´д`*)



たこやき 

20061211173405
◆深山くんお薦めらしい「銀だこ」&ラムネの取り合わせです。本当はねきだこが大好きな私ですが新しく出てたテリマヨに挑戦◆

書きかけで3日経ってしまいました(笑)

血祭りDVDの特典サイン「姜暢雄」くんでした。
曽世さんのと変えてくれるなんて人いませんよね…ボソッf(^_^) いやいいんですよ。ノブくん好きだし。友人いわく、「これからはとくに貴重なサインかもよ!」との事だし(笑)
それより、昨日ブロマイドセットを買った友人は曽世さんのクリスマスメッセージカードでした♪素敵!

舞台の感想は?なんて思う人がいるかどうか?ですが、感謝感謝してしまうほど、私にはよすぎてまだ言葉が見つかりません。表現不可能だと思うので、表面的な事だけ暇ができたらポツポツ書かせて頂きます。まぁ読みたい人がいれば…ですが(笑)

「銀のキス」初日♪ 

20061208131741
◆北千住のアフダックくん(そういう名前がついているかどうかは知りません。アフラックのアヒルだから私は勝手にアフダックと呼んでますが)トナカイになってました◆

Studio Life「銀のキス」Vita初日観ました。
入場…おやおや~お休み中の役者様が(もぎりはここシアター1010は劇場スタッフがするので)フライヤー渡しに左側、楢原さん。右、青木くんで、フライヤー整理に左に及ちゃん。右に甲斐さんでした。入るとき、私は及ちゃんが見えなかった・・・小さいからでは・・・けして・・・あれ?チケットもぎってもらってフライヤーを持っている楢原さんの方に進みかけたら、横から「ほいっ!!」と一声あって、フライヤーが・・・及ちゃんだった♪そして楢原さんの仕事が・・・初日からサプライズ!!
中に入って物販に奥田くんと牧島くん。
場内アナウンスは曽世さん♪はい!真面目に聞きます!!アナウンス!

グッズが思ったより多くて、パンフレット1400円、ブロマイドセット2500円(今回はメッセージカードねようなものにサイン…舟見くんのはブナオがハート飛ばしながらLOVE×3さけんでます)とバインダー1000円、イメージフォト1200円(主演4人とクリストファー2人)、ブレスレット1500円(クロスとテディベアのモチーフつきのがオーガンジーのワイン色の小さな巾着に入ってます→後日シルバーの袋に変わる) 、黒の七部袖Tシャツ3000円、ブランケット2000円(後ろで観ると寒かったので役に立つかも)、卓上カレンダー1200円がありました。値段は多分こういう感じだったかと。間違えてたらスミマセン。
奥田くんのところにスゴい列できてました。スタッフさんだけの所は悲しいかな~。スタッフさんが伝票に書いて計算するんですが、計算遅いっ。で、進まないんですわ(笑)

「銀のキス」私は好きです。主役のふたり頑張ってます。ギャルも必見です。三上くん胸がおお…(自粛)。林さん形から入りましたか。ダーマエさん渋いです。しかも動きがシャープです。深山クリスが私の中でチャッキー(「チャイルド・プレイ」の)とかぶってしまいました。でも可愛いです。ピンクの荒木くんがツボです。
とりあえず、ネタばれるので、あまり語らずにいたいと思います。←語ってるがな?
私の大好きなダッフィーベアもどこかに♪

今日はAnima初日です。曽世さんはあんなとここんなとこどう料理してるのか…? かなり心臓バクバクな席で拝んで来ます。これが今回一番前方席です。友人に頼まれて予約した席の方が断然いい席でちょっと凹みましたが(笑)

俺はここにいる! 

20061205211330
演劇モバイルでStudio Life『銀のキス』稽古風景が動画で見れますよね。
仕事が終わるまでぐっと我慢して、見ました。

「あ、こっちか(笑)」

いや~んヽ(≧▽≦)/曽世さん、手を間違えてるぅ~(おぃ!いきなりツッコミかいっ)('◇')ゞ
ねぇねぇ、サイモンとゾーイの組み合わせ、これ舞台では見れない組み合わせですよね~ウフフ('∇')得した気分♪

「俺はここにいる!」

そこにいてぇ~ヽ(≧▽≦)/ ←すっかりヘンタイ(笑)

そんな「銀のキス」。北千住のシアター1010で明後日初日!

「腰痛 完全解消SP」腹筋の筋力年齢。30秒で20回できた。女性は14回以上で20代、男性は21回以上らしい。筋力はまだあるみたいだ…鍛えてみるか(笑)

■ややはみだしLife■
12月5日は舟見くんのお誕生日ですね。おめでとうございます。最近大人の女性がしっとりと素敵ですが、ゾーイと言う少女をどのように見せてくれるのでしょうか。楽しみです。個人的にはゼーリヒの母のような感じがとても好きなんですけど(笑) 小林幸子さんも今日でしたっけ…ぺー&パー子さんに聞いてくれっ(^_^;))))))コソコソ…言い逃げ

直前 

20061205013100
◆月がすごく綺麗でした♪空気が澄んでいるんでしょうね◆

ドラマも今週で最終回直前。そして多分私は最終回全部見逃すのね(笑)

「のだめカンタービレ」見て泣こうとはっ…不覚!? 音楽も一緒に楽しめるのが嬉しいです。直前までBSで「アマデウス」見ていたんですが~ま、今度レンタルでもしよう…(笑)

「SMAP×SMAP」でものだめちゃんの天然炸裂!玉木くんの声はいい声ですな~歌ってるのは聴いた事があったりします(笑)

ドラマも好きだわさ♪ 

20061203222250

◆風邪予防に梅干を持ち歩いています。体調管理は一番大切。とくに喉が弱い人には寝る前の梅干はお薦めです。胃が悪い時にも効きますね。◆

「アンナさんのおまめ」はベッキーちゃん演じる桃山リリのあのとんでもない勘違いさが面白いのですが、本当にいたら可愛いけど、ちょっとコワい(笑)

「鉄板少女アカネ!!」の片瀬奈々さんがたまらなくツボです。話す時は必ずドアップ。そしてわざとクサい演技なのだ。そう、大袈裟ドラマの悪役キャラ。お金持ちで甘やかされまくりの育ち方をした典型的なタカビーお嬢様キャラだ!この古くさいデフォルメが片瀬さんの殻を破った気がします。
今日の「は行変格活用笑い」はなかなかのものでした(゜o゜) でも最近おばちゃん入ってますよ(笑)
綺麗キャラな女優さんが沢山いすぎてインパクトに欠けてしまいがちですからね。主演女優さんも低年齢化してますものねぇ~。「14才の母」とか。

美人だけれどちょっと暗い影がありそうに見えていた仲間由紀恵さんも「TRICK」「ごくせん」で抜け出しましたものね。私は個人的に「フェイス」好きだったんですけど。

きれいな女優さんも大変です(^-^)

■やはみ出しLife■
血祭りDVDの特典映像を見た友人から「あなた用のお宝映像です」とメールが来ました。何ですとぉ~?いや~ん♪早く見たいわ~♪PC重くても持ってくれば良かった。あ、ネットカフェで見ればいいのか…。

そして、嬉しい連絡も…フッフッフッ( ̄ー ̄)
ヘッヘッヘッε=ヾ(*~▽~)ノ
あと3日で初日。楽しみ…。

何だ?この穴? 

20061203163830
◆何?この道路やら駐車場にある穴は…?雨の日に写真撮っても意味ないですね。どうもここから水がわき出ているところを見ると雪が降ったときの凍結予防だと思うのですが、間違ってたらご指摘よろしく!何せ学がないものでσ(^_^;)?◆

あちゃ~!やっちゃいました~タイトル誤字~ハィ、ハイ、ハイハイハイ(ってオイヽ(^^) あ、「あるある大辞典」って今日だっけw=(゜o゜)=w
「NHK盃」→「杯」ですね。訂正すりゃ~いいんですけどね、PC重いので置いてきちゃいました。どうせ家以外であんまり使う暇ないしね。

いや~もう少し寒いと雪になる地方なんでしょうが、雨続きです。オマケにホール(会館)内で仕事していますから外が明るいのか暗いのかも事務所とか窓のある所に行かないとわかりません(笑)
あら、気づいたらもう夕方でした。

NHK盃 

ファギュアスケートがたくさん見れる時期です♪
今日の真央ちゃんはすごかったです。彼女はフィギュアスケートのために…ってくらい見た目のバランスがいいですね。ダンスや新体操もそうですが、見た目(顔ではなく体のバランスね)良ければ足がきれいに上がってなくても上がっているように見えるくらいの効果がありますからね。
表彰台全部が日の丸って壮観。村主さんも中野さんも素敵でした。

真央ちゃんのフリーの選曲についつい反応。Studio Lifeの舞台で使われたBGM集をよく聴いているので、ちょうど移動の際聴いていたMDの中に入っていたもので…。

血祭りDVD 

20061202194708
◆忘れた頃に…池袋献血キャンペーンでStudio Lifeの男前たちがチラシ配りをしている場所から50mほど先で若いギャルに取り囲まれ写メを撮られている人気者がいたのです(笑) この横で男前がチラシを配れば、確実にはける早さが違うかも…とちょっぴり思ったわたしでした◆

クマ繋がりで何ですが、今日は愛知県立とべ動物園の人工保育のシロクマ「ピース」のお誕生日でした。7歳おめでとう~♪

そんな今日、血祭り公演「ウ゛ァンパイア・レジェンド」「DRACULA」のDVDが届いているそうですね♪家にも届いたそうですが、予約特典のサインが、家の人に聞いてもわかるわけがなく~東京に送ってもらう荷物に入れてもらうことにしました。担当様でありますように…(*^_^*)
DVDを観るのは年末・年始にゆっくりね♪

紅葉色の山 

20061201214600
◆紅葉の色合いは銀杏より好きです。緑から真っ赤に変わるこの微妙な色合い。これも季節のある日本ならではの色合いだと…。日本の色の名前ってとても好きですね。萌葱色とか薄紅色とか、色の名前で濃さまでイメージや色の濃さまでわかるって繊細な日本の表現だな~と思います◆

いわさきくんと篠田くんの客演「無敵な男達」が初日ですね。男前満載の舞台、カリニカさんの舞台だから観たかったのですけど、残念ながら出張とバッティング(T_T)
及川さんも「丹波屋物語」で三百人劇場に出演中だし、東京だと観るものが沢山あっていいですね。

「のだめカンタービレ」最終回のエキストラ、行きたかったな(笑) ちょうどこれも「銀のキス」とバッティング(+_+) ソワレ一回なら間に合う撮影なんだけど、楽前の2回公演だから断念!(笑)

北陸にやってきました。私が北陸に来るといつも雨です。しかもとんでもなく。前回の金沢も大雨で観光どころじゃなかったっけ(笑)
今回は、新潟が大雨で電車不通。上野行き夜行列車も運転取りやめらしいですわ。そんな中、傘も持たずにやってくる私(゜-゜) これが終わればいよいよ「銀のキス」に突入~♪ま~ったりできる店もひそかに沢山ある北千住。安くてお腹いっぱい食べれるところもあるし、おばちゃんがオマケしてくれる所もある(笑)
何より公演のときは友達とも会えるのが楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。